☛  〒105-0001 東京都 港区 虎ノ門 5-3-20 仙石山アネックス 505  ☚

基本概要


基本概要

会社:       株式会社ディプロマット

代表取締役社長:  原 不二子

設立:       1984年11月12日

資本金:      1,000万円

決算:       毎年2月末

所在地:      105-0001東京都港区虎ノ門5-3-20 仙石山アネックス505

連絡先:      電話 03-5472-6090(代表)FAX 03-5472-6091

取引銀行: ・三井住友銀行 日比谷支店・

・三菱東京UFJ銀行 五反田支店・


原不二子経歴

東京生まれ。上智大学大学院外国語学研究科博士課程修了。

フリーの通訳として活躍した後、女性のエンパワーメントを目的に1984年(株)ディプロマットを設立し、代表取締役社長となる。国際会議通訳者協会 AIIC(在スイス)会員、欧州連合公認通訳者、(財)尾崎行雄記念財団理事、学堂会代表。

著書: 『虎、世界を行く』、『通訳という仕事』(ジャパンタイムズ社刊)『通訳ブースから見る世界』(ジャパンタイムズ社刊)。

翻訳書:『尾崎咢堂自伝』(プリンストン大学出版会)『笹川良一』(イーストウィンド社)「日野原重明先生『十代の君たちへー 是非読んで欲しい憲法の話』(冨山房インターナショナル)。

ダボス会議、国際労働総会等数多くの国際会議の通訳者として活躍。 尾崎行雄を祖父に、 父は相馬藩主 相馬惠胤、母は、難民を助ける会、日韓女性親善協会 設立者,日英通訳者の大先輩、相馬雪香。



21世紀の主役はコミュニケーション

地球には数多くの民族がそれぞれの歴史に培われた文化や言葉を持って暮らしています。
水や大気が地球の貴重な資源であるように、人間の多様な考え方や営みも、わたしたちのかけがえのない財産です。歴史や考え方、社会の仕組みの違いを理解しあってはじめて、人類としての連帯感が生まれ、お互いの利益、共に解決すべき事柄が見出されるのです。 この相互理解に不可欠なのが異文化間のコミュニケーションです。
相手の立場を理解することと、自分を相手にわかってもらうことは表裏一体で、どちらが欠けてもコミュニケーションは成り立ちません。ところが、日本語という単一言語を使っているわたしたちは、このコミュニケーションの原則をつい忘れがちです。
「言われたことを一生懸命に黙々と実行するのは上手だが、自分の意見を主張することが苦手な国民」という日本人の定評は、それを物語っています。言葉の通じない者に「以心伝心」という日本人の独り善がりは通用しません。日本製品の信頼性の高さは世界が認めるところです。今ほどに日本に国際社会の一員としてのグローバルな視野と発言が求められているときはありません。世界は日本人の声を待っています。ディプロマットは、ますます相互依存を深める地球社会にあって、コミュニケーションの橋渡しをしたいと考えています。

ディプロマット社長 原不二子


callus5

SCHOOLの無料見学

受講生募集! 通訳の基礎を学びたい方から、高度な集中力が要求される同時通訳まで。各クラス、見学する事ができます。 Tried and true courses in Interpreting taught by working interpreters...and now other Professional Skills and training also offered through DIPLOMATT ACADEMY.

30years

Download our Corporate Brochure here .

Google 翻訳ツール