通訳の種類:

逐次通訳 (Consecutive Interpreting)とは、話者が話を区切り、通訳をはさみながら行なう手法です。交渉事、講演会、訴訟、科学技術の発表など。演者の時間とほぼ同じ位の通訳時間が必要となりますので、時間配分においては、注意が必要です。

同時通訳 (Simultaneous Interpreting)とは、同時通訳専用機材・ブースを設け、随時通訳を行なう手法です。多言語、時間短縮が求められる国際会議などで多く使われます。高度な技術と集中力が必要とされるため、通常、2-3人の通訳者が1チームとなり、15-20分交代で対応します。

ウィスパリング通訳(Whispered Interpreting)とは、通常12人の少数者に対して発言されていることを小声で「囁く」手法です。簡易な送受信機があるととても有効です。会議の時間により通訳者の人数を調整する必要がございます。

以下の同時通訳機材のレンタルも承ります。

FM方式同時通訳機器 

FM音源でクリアな音声を提供できます。

赤外線方式通訳機器 

機密性が高く、高音質な音声が特徴です。混信を防ぐ事にも秀でており 国際会議ではよく使用されるシステムです。

無料でお見積りいたしますのでお気軽にご相談くださいませ。

サービスの流れ